雨漏り修理を施工した後の屋根

subpage1

雨漏り修理を施工してもらった後の屋根は、外観から効果を推測できる場合があります。

雨漏り大阪について真剣に考えてみました。

隙間を防水コーキングで処理する雨漏り修理は、応急処置的な対応として考えられる場合が多いのですが、防水コーキングだけでも10年以上の耐久性を発揮させられるようにできます。


屋根塗装の塗膜を活用すると、耐久性は飛躍的に大きくなるからです。

アクリル系塗料の効果は、数年間で経年劣化してしまい、再塗装の必要が出てきますが、フッ素系塗料を使用すると摩擦が少なくなります。



摩擦が少なくなる現象を低摩擦とも呼びますが、屋根に低摩擦性が備わると雨水がスムーズに流れるようになるメリットがあります。


屋根の上に雨水が滞在している時間を短くすればするほど、雨水が建物の内部に入りにくくなるので、雨漏りの予防効果は高いです。
摩擦が大きいと、屋根の上に雨水が滞在している時間が長くなりますので、小さな亀裂や孔があると、そこから雨水が入りやすくなり、雨漏りの原因になってしまいます。

毎日新聞関連情報サイトです。

塗料の種類が分からなくても、雨漏り修理を施工したあとで、ピカピカに光沢感があれば、撥水性が備わっていると判断できます。
撥水性は低摩擦性と同様に、雨水を滞在させる時間を短くする効果が高いです。

光沢感は見た目の問題だけではなく、雨水を弾き返す根拠としても判断できるので、施工後に簡単なチェックができます。

雨漏り修理を施工してもらっても、効果を実感しにくい場合が少なくありませんが、光沢感の有無を確認すると良いでしょう。